妊娠して産婦人科を訪れた際にサンプルとして渡されたもの、それが葉酸サプリでした。

サプリメントなら調理法を来にしなくても気軽に摂取することができます。これが、葉酸サプリメントの人気の理由です。こんなに重要な働きを持ち、人体にとって必須な栄養素と言える「葉酸」。でも日本ではあまり知られていません。 欧米などでは「葉酸」を摂取するのはごく当たり前。海外の妊婦さんは意識的に「葉酸」を多く摂取しています。一方、日本で「葉酸」を積極的に摂取している妊婦さんの割合はまだまだ少ないです。その割合はなんと25%。四人中三人は「葉酸」を摂取していないのです。 近頃の産婦人科には「葉酸」のパンフレットが置いてあります。日本でも「葉酸」の重要性が認知され始めたのでしょう。もちろん産婦人科のお医者様は「葉酸」の重要性を理解しています。しかし日本の産婦人科での「葉酸」の摂取に関する指導は不十分なところもあるようです。例えば、口頭での指導が行われるケースはあまり無いでしょう。 しかし、不妊治療を受けている女性にはお医者様が「葉酸」の摂取をおすすめすることが多いそうです。積極的に妊娠を考えている女性達には「葉酸」は重要な栄養素として広く知られているみたいです。他のビタミンやミネラルと同じように「葉酸」も不足させてはいけない栄養素の一つです。妊娠中や妊娠を望んでいる女性は特に、そうでない男性や女性にも「葉酸」を摂取することをおすすめします。 まずは手軽に葉酸サプリメントを利用して「葉酸」を摂取してみてはいかがでしょうか。ちなみに「葉酸」を摂取する際は一緒にビタミン12を取ると、ビタミン12が「葉酸」の働きを助けてくれます。セットで摂取するとより効果的ですよ。
参考:葉酸サプリセレクト.com

正直、それまでは全く意識していなかった葉酸ですが、母親学級などに参加して、葉酸がいかに赤ちゃんにとって必要なものなのかがわかりました。葉酸は、ホウレンソウなどにも含まれているため、食べ物で摂取することも可能でした。
ですが、一日の摂取量を食べ物で取るのは容易ではありませんでした。
特に妊娠中はつわりなどで、普通の食事もまともに食べられない。そんな時は、葉酸のサプリメントが重宝しました。
赤ちゃんの栄養面を考えると何としてもとりたいもの、つわり中でしたが、不思議と葉酸サプリなら飲むことができました。
無事に生まれた赤ちゃんは、現在4歳。
3360グラムと大きく安産で生まれた長女は、特に大きな病気もなく元気に成長しています。
それが、本当に葉酸のおかげとも言い難いですが、摂取しないよりはした方がきっといいのだと思います。
産婦人科でも進められている葉酸。妊娠は葉酸に目をむけるよい機会になりました。

私自身は葉酸の存在を知ったのは初めての妊娠の時でした。
妊娠中に貰うテキストには妊娠中に必要な栄養素としてデカデカと載っていたし、鉄分のグミ(貧血が酷くて買ったおやつ)にまで葉酸が入っていて、そんなに必要ならば摂りましょうと思ったのを覚えています。

悪阻の時期はサプリメントを摂り、悪阻が治ると納豆フィーバー(納豆には葉酸が豊富に含まれていて、しかも妊婦は何故か1つの食材に固執する時期があります。)が始まり産むまで治らず毎日1~2パックは納豆を食べ続ける日々を送りました。

そのお陰なのか母乳の出が凄くて驚いたのを覚えています。

2回目の妊娠中は納豆がどうしても駄目になってしまい(臭いが生臭く感じて無理でした)葉酸のサプリメントは欠かさなかったのですが、産後の母乳の出は悪かったです。直ぐにミルクを足さなくてはいけなくなりました。

葉酸が含まれる食品は納豆以外にも、レバーやほうれん草等にも含まれていますのでバランス良く食べるのが大事だと思います。

下の子を産んでから5年経ちますが葉酸のサプリメントは毎日欠かさずに飲んでいます。

私は現在自然妊娠を希望している37歳の主婦です。
5年近く前に不妊治療を始めて体外受精でやっと第一子を授かることができました。子供が4歳になり今度は二人目の治療をし始めましたが、年齢もありすぐには思うように結果がでません。

そのため、身体の調子をまずは整えておこうということでいろんなサプリメントを試すことになりました。

その中のひとつが葉酸です。葉酸を取ったほうがいいということを目にしたのが、ネットの口コミです。

同じように不妊治療で頑張っている妊活中の女性が葉酸は妊娠前から取ったほうが言いということで、葉酸を探しにドラッグストアに行きました。

結構安い値段で葉酸のサプリメントが何種類かおいてありました。
葉酸と一緒に鉄分も入っているものが多くおいてありました。
ひとり目の妊娠中に貧血でずっと薬を飲んでいたので、鉄分は大事なことはわかっていたので迷わずその鉄分が入っているサプリメントを買い飲んでみることにしました。
味はそれど、しないし飲みやすいので続けられると思います。早く妊娠したいです。

葉酸は細胞を作る上で必要な栄養素と言われています。その為、妊娠初期の女性は積極的に摂取するのが望ましいです。

妊娠初期のころの赤ちゃんは日々細胞分裂を行い、身体の組織を作っていきます。
その時に葉酸が不足しているとあかちゃんに先天性の異常が現われる可能性があります。

その為、妊娠初期の妊婦さんは一定量の葉酸を摂取することが大切になります。
葉酸はほうれん草やいちごなどに含まれていますが、なかなか毎日食事で一定量の葉酸を摂取することは難しいです。

特に妊娠初期はつわりの症状がひどく食事を十分に取ることが出来ない妊婦さんもいます。

そのような時に効果的に摂取出来るのが、葉酸のサプリメントです。
サプリメントには錠剤タイプのものやタブレットタイプの物があり、状況に応じて摂取することができます。

また、葉酸の摂取は妊娠が分かる前から行うことが好ましいです。

妊活や不妊治療を行っている場合はその時から摂取し始める方がいいと言われています。

ドラッグストアにあるサプリメントコーナーでも見かける「葉酸」ですが、実は、おなかの赤ちゃんが「二分脊椎」という障害を負う可能性を少なくしてくれる、とても大切な成分なんです。

二分脊椎って言われても、あまりピンとこないと思いますが、通常一本の脊椎が二つに分岐してしまう病気です。
実際に二分脊椎で生まれたお友達が子どものクラスにいました。
その子は、首の後ろと尾てい骨の所から脊椎が出ている状態で生まれたそうです。
医療の発達で見た目にはわかりませんが、小学校中学年になっても尿意を感じる事ができないため、目立たない紙おむつを使用して登校していました。
今は障害についてあまり気にしないように学校側も教育していますが、本人とその家族は大変な苦労をしてきたことと思います。

少しでも二分脊椎になる可能性を少なくできるなら……。

つわりで辛い時期に、養蚕が含まれている納豆やホウレンソウなどをたくさん食べることは大変だと思います。
便利なサプリメントを上手に利用して、葉酸摂取を心がけましょう。

葉酸は細胞や赤血球の合成、動脈硬化の予防などに必要な栄養素です。
水溶性ビタミンで体内に溜め込むことができないので、毎日摂取する必要があります。

葉酸が多い食品は、ほうれん草、なばな、モロヘイヤ、レバー、イチゴ、アボカド、納豆などです。名前の通り緑が濃い葉野菜に多く含まれています。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質があります。ゆでるとアスパラは90%、ブロッコリーは60%、モロヘイヤは40%前後にまで葉酸が失われます。調理はできるだけ素早く済ませるか、葉酸が溶け込んでいる汁ごと摂れるスープなどにするとよいです。イチゴ、アボカドなどの果物、納豆は調理せずに食べられるので、葉酸の損失を抑えて摂取できます。

外食やファストフード、コンビニのお弁当などには野菜が少なく葉酸があまり含まれていません。外食などが続く人は葉酸不足に注意が必要です。

外食ではサラダや納豆の小鉢をつける、コンビニでは枝豆やほうれん草のお浸しをプラスするなどして葉酸摂取に気をつけましょう。

結婚して10年経ったころに私たち夫婦は子供がそろそろ欲しいと思うようになりました。

最初結婚したときには夫は24歳、私は21歳ととても若かったので、まだまだ仕事をしたいと思い働くことに夢中でした。

ですが、30歳になる手前で子供が中々できないということに気づき、知り合いの不妊治療をした人に話を聞きました。

そしたら、横浜にある有名な漢方薬局があるということを教えてくれました。私たちは病院に行く前に自分たちでできるだけ自然に妊娠できればいいと思っていたので、その教えてもらった横浜の漢方薬局に行って症状を薬局の先生に言って漢方薬を処方してもらいました。

金額は3~4万円とかなり高いのですが、2~3ヶ月で妊娠することができたら、不妊治療をするより安いだろうということで、早速漢方を飲むことになりました。
その漢方薬は周期療法といって、生理の周期を4種類に分けて薬を変えて行くというものでした。
その薬は顆粒と粒の両方が入っていて毎食後飲むのですが、私は粒や粉の薬を飲むのが本当に苦手でした。
飲んでも吐き出してしまうということも何度もありました。頑張って飲みましたが、生理痛はなくなるものの結局漢方で妊娠することはありませんでした。

最近とても体調が悪いので色々なサプリメントを飲んでいます。
ビタミン類が入っている総合マルチビタミンなどもよく購入するのですが、その他にもマカや乳酸菌など、使っているサプリメントは数種類に及びます。

しかし、それでもどこか調子が良くないと感じていました。思えば今まで酷い低血圧でした。

低血圧はこれと言って治療方法もないですし、これが原因で病気になるという事もあまり詳しくは知られていません。
しかし、低血圧の症状と言えば慢性的な食欲不振、さらに頭痛、肩こり、冷え性などがあり、思い返してみれば私もこのような症状にもよく悩まされていたのです。

ある時低血圧にとても良いのは、葉酸だという事を知りました。あまり葉酸という成分がある事すら知らなかったのですが、これが不足すると貧血になりやすくなったり、口内炎や肌荒れ、下痢などの様々な症状を起こすそうです。
ですので私も葉酸を摂取し始めたのですが、以前に比べると体調が良いです。葉酸には低血圧を改善する効果だけではなく、高血圧にも効果があるそうなので、血圧で悩んでいる方などには良いのかもしれません。