結婚して10年経ったころに私たち夫婦は子供がそろそろ欲しいと思うようになりました。

最初結婚したときには夫は24歳、私は21歳ととても若かったので、まだまだ仕事をしたいと思い働くことに夢中でした。

ですが、30歳になる手前で子供が中々できないということに気づき、知り合いの不妊治療をした人に話を聞きました。

そしたら、横浜にある有名な漢方薬局があるということを教えてくれました。私たちは病院に行く前に自分たちでできるだけ自然に妊娠できればいいと思っていたので、その教えてもらった横浜の漢方薬局に行って症状を薬局の先生に言って漢方薬を処方してもらいました。

金額は3~4万円とかなり高いのですが、2~3ヶ月で妊娠することができたら、不妊治療をするより安いだろうということで、早速漢方を飲むことになりました。
その漢方薬は周期療法といって、生理の周期を4種類に分けて薬を変えて行くというものでした。
その薬は顆粒と粒の両方が入っていて毎食後飲むのですが、私は粒や粉の薬を飲むのが本当に苦手でした。
飲んでも吐き出してしまうということも何度もありました。頑張って飲みましたが、生理痛はなくなるものの結局漢方で妊娠することはありませんでした。

最近とても体調が悪いので色々なサプリメントを飲んでいます。
ビタミン類が入っている総合マルチビタミンなどもよく購入するのですが、その他にもマカや乳酸菌など、使っているサプリメントは数種類に及びます。

しかし、それでもどこか調子が良くないと感じていました。思えば今まで酷い低血圧でした。

低血圧はこれと言って治療方法もないですし、これが原因で病気になるという事もあまり詳しくは知られていません。
しかし、低血圧の症状と言えば慢性的な食欲不振、さらに頭痛、肩こり、冷え性などがあり、思い返してみれば私もこのような症状にもよく悩まされていたのです。

ある時低血圧にとても良いのは、葉酸だという事を知りました。あまり葉酸という成分がある事すら知らなかったのですが、これが不足すると貧血になりやすくなったり、口内炎や肌荒れ、下痢などの様々な症状を起こすそうです。
ですので私も葉酸を摂取し始めたのですが、以前に比べると体調が良いです。葉酸には低血圧を改善する効果だけではなく、高血圧にも効果があるそうなので、血圧で悩んでいる方などには良いのかもしれません。