葉酸は細胞を作る上で必要な栄養素と言われています。その為、妊娠初期の女性は積極的に摂取するのが望ましいです。

妊娠初期のころの赤ちゃんは日々細胞分裂を行い、身体の組織を作っていきます。
その時に葉酸が不足しているとあかちゃんに先天性の異常が現われる可能性があります。

その為、妊娠初期の妊婦さんは一定量の葉酸を摂取することが大切になります。
葉酸はほうれん草やいちごなどに含まれていますが、なかなか毎日食事で一定量の葉酸を摂取することは難しいです。

特に妊娠初期はつわりの症状がひどく食事を十分に取ることが出来ない妊婦さんもいます。

そのような時に効果的に摂取出来るのが、葉酸のサプリメントです。
サプリメントには錠剤タイプのものやタブレットタイプの物があり、状況に応じて摂取することができます。

また、葉酸の摂取は妊娠が分かる前から行うことが好ましいです。

妊活や不妊治療を行っている場合はその時から摂取し始める方がいいと言われています。

ドラッグストアにあるサプリメントコーナーでも見かける「葉酸」ですが、実は、おなかの赤ちゃんが「二分脊椎」という障害を負う可能性を少なくしてくれる、とても大切な成分なんです。

二分脊椎って言われても、あまりピンとこないと思いますが、通常一本の脊椎が二つに分岐してしまう病気です。
実際に二分脊椎で生まれたお友達が子どものクラスにいました。
その子は、首の後ろと尾てい骨の所から脊椎が出ている状態で生まれたそうです。
医療の発達で見た目にはわかりませんが、小学校中学年になっても尿意を感じる事ができないため、目立たない紙おむつを使用して登校していました。
今は障害についてあまり気にしないように学校側も教育していますが、本人とその家族は大変な苦労をしてきたことと思います。

少しでも二分脊椎になる可能性を少なくできるなら……。

つわりで辛い時期に、養蚕が含まれている納豆やホウレンソウなどをたくさん食べることは大変だと思います。
便利なサプリメントを上手に利用して、葉酸摂取を心がけましょう。

葉酸は細胞や赤血球の合成、動脈硬化の予防などに必要な栄養素です。
水溶性ビタミンで体内に溜め込むことができないので、毎日摂取する必要があります。

葉酸が多い食品は、ほうれん草、なばな、モロヘイヤ、レバー、イチゴ、アボカド、納豆などです。名前の通り緑が濃い葉野菜に多く含まれています。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質があります。ゆでるとアスパラは90%、ブロッコリーは60%、モロヘイヤは40%前後にまで葉酸が失われます。調理はできるだけ素早く済ませるか、葉酸が溶け込んでいる汁ごと摂れるスープなどにするとよいです。イチゴ、アボカドなどの果物、納豆は調理せずに食べられるので、葉酸の損失を抑えて摂取できます。

外食やファストフード、コンビニのお弁当などには野菜が少なく葉酸があまり含まれていません。外食などが続く人は葉酸不足に注意が必要です。

外食ではサラダや納豆の小鉢をつける、コンビニでは枝豆やほうれん草のお浸しをプラスするなどして葉酸摂取に気をつけましょう。