結婚して10年経ったころに私たち夫婦は子供がそろそろ欲しいと思うようになりました。

最初結婚したときには夫は24歳、私は21歳ととても若かったので、まだまだ仕事をしたいと思い働くことに夢中でした。

ですが、30歳になる手前で子供が中々できないということに気づき、知り合いの不妊治療をした人に話を聞きました。

そしたら、横浜にある有名な漢方薬局があるということを教えてくれました。私たちは病院に行く前に自分たちでできるだけ自然に妊娠できればいいと思っていたので、その教えてもらった横浜の漢方薬局に行って症状を薬局の先生に言って漢方薬を処方してもらいました。

金額は3~4万円とかなり高いのですが、2~3ヶ月で妊娠することができたら、不妊治療をするより安いだろうということで、早速漢方を飲むことになりました。
その漢方薬は周期療法といって、生理の周期を4種類に分けて薬を変えて行くというものでした。
その薬は顆粒と粒の両方が入っていて毎食後飲むのですが、私は粒や粉の薬を飲むのが本当に苦手でした。
飲んでも吐き出してしまうということも何度もありました。頑張って飲みましたが、生理痛はなくなるものの結局漢方で妊娠することはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation